知ってた?男が家事することで収入が増えるってこと!

スポンサーリンク

f:id:fcl32090:20180424205552j:plain

結論から言うと、私が家事をすることで年収が100万以上増えた。

 

 

この書き出しから見るにどこぞの詐欺サイトみたいに見えるかもしれないけど、実際に家事をすることで収入が増えてお金に困ることがないくらいの生活が送れているのは事実。

 

 

何故男が家事をすることで収入が増えたのか?

 答えは簡単。

 

 

 

 

嫁が正社員として働き始めたから。

 

 

 

元から働きたいという意思が強い嫁さんで、バイトだけど社会保険に自分で入って私の扶養外で働いていた。その当時で年収180万。

 

転職して正社員として事務の仕事をするようになって年収が約300万だから単純計算120万が上がったってこと。

 

夫婦で年収800万、手取りで言えば50万貰っているから子供もいない我が家は毎日ウハウハ。

 

 

 

自分で言うのもなんだけど、嫁が正社員として働けるのも私が家事を一手に担っているから。

私自身も朝の8時から遅い時は20時くらいまで働く時もあるけど、毎朝の洗濯・お弁当作り・夕飯の支度・日用品の買い出し・片付け&掃除・・etc

家事のほとんどを私がやっているからこそ嫁が気兼ねなく仕事に集中出来ている。

家事の分担を考えたこともあったが、私の方が断然体力もあると判断したので嫁にはほとんど家事をさせていない。

 

 

 

家事をすることがこれから時代の「男の甲斐性」

一昔前は嫁さんを自分の給料で養うことが男の甲斐性みたいなことを言っていたけれど、今の時代でそれは無理。って言うか、バブルでもなければ大抵の人間は皆働いていないと生活水準がどんどん下がるだけ。

 

少ない給料で「専業主婦になって」とお願いし嫁を困らせるくらいなら、嫁の好きなようにさせてやるのが男の甲斐性ってもんでしょ。

その為には男も家事をしないといけないのよ。

男が家事をすれば女の時間が増える。

その増えた時間分働いて稼いでもらえば1人で働いているよりも裕福に暮らせるんだから。

 

 

 

男が家事をすることは節約にもなる

毎日の夕飯の買い出し・日用品の買い出しと、家事をしていると買い物の機会は数多い。

そうなってくるとどうしても気になるのが物の値段。

今までだったらコンビニで気軽に買っていた菓子パンやおにぎりもスーパーに行けば半額に近い値段で買えることに気付く。

 

それだけでなく、お金を使う機会が増えるとお金のことを少なからず意識するようにもなるので必然的に無駄遣いも少なくなる傾向になる。

 

 

 

 

まとめ

男が家事をすることで金に余裕ができる。

金に余裕ができれば心にも余裕ができて人に優しくできる。

人に優しくできれば人からも優しくされて皆ハッピー。

 

 

貧乏は心も貧しくするから、嫌だったらとりあえず家事してみようか。