私がストレスなく節約できている理由!やっぱり節約は楽しかった!

スポンサーリンク

節約することによるストレスを感じることなく、今この時も節約を楽しみながら生活してる。

 

それと言うのもいくつか理由があるし、楽しめるように工夫しながら節約をしてきた結果。

目的意識と少しの工夫で節約によるストレスをなくして、少しでも多くの人に節約の楽しさを知ってもらいたい。

 

 

 

①目的を持っているから

ただお金を貯めたいと思っているだけじゃ節約は楽しくないと思う。

マラソンにしたって、どこの何とかっていう大会に出るから練習にも精が出るのであって、大会にも出る予定が無いのに「体力をつけたいから」だけじゃ1週間も続かない。

 

節約も同じで「お金を貯めたい」だと、その先のゴールが見えない状態で走っている訳だから「どこまで走って良いのか?」っていうことが分かっていない状態では頑張りようもないし、ペース配分もできない。

 

節約をする先に私なりのゴールを持ってやっているからストレスを感じることなく楽しめている。

 

 

 

 

 

②結果が出ているから

節約をするまでは月の貯金額は夫婦合わせて6万が最高。

共働きでそれなりにお金を貰っているから財布の紐が緩んでしまっていて、お酒やお菓子をたくさん買ったり、電気代を気にもせずにエアコンガンガンにしたりと結構な浪費をしていた。

 

家計簿をつけ始めるようになって衝動買いや無駄遣いを把握して、明らかに自分の生活に必要の無い出費を削ることで毎月10万ちょっとの貯金ができるようになり、結果も出ているからストレスどころか快感すら感じる。

 

 

 

 

③協力してやっているから

2人以上で住んでいるのであれば、必ず節約に協力してもらわないと楽しくはならない。

協力してと頼んでもしてくれないこともストレスを感じる原因になるので安易な方法で協力を要請するのは危険だが、きちんとステップを踏んだ上でやれば何とかできることが多い。

 

 

1人でやるよりも2人でやった方が節約で得られる効果も大きくなるから、ストレスなく節約するためには協力してもらうこともまた重要。

 

 

関連記事:節約に協力してくれない嫁をどうすれば協力してくれる嫁に変えられるかについて! - 俺やお前みたいな貧乏人の為のお金のブログ

 

 

 

 

 

④ゲーム感覚でやっているから

「お弁当を作ったら500円節約」

「水筒を持っていったら250円節約」

 

節約のアクションに対して金額が設定してあれば楽しいと思わないだろうか?

ちょっと手間がかかるけど、500円節約できるなら・・・と考えて私は毎日節約に励んでいる。

 

金額の設定も現実味があった方が良いので、家計簿をつけて金額を詳細に把握し、どれくらい安くなるのかを調べて設定しよう。

 

 

 

 

 

⑤チマチマした節約は一切やっていないから

コマメに電気は消すとか、冷蔵庫は開けたら何秒で閉めるとか、トイレットペーパーは何㎝とか、そんなチマチマしたことをやっていれば絶対にストレスが溜まる。

いちいち気にするのも面倒だし、やったところで大した節約にもなっておらず結果が伴わない。

 

それならいっそチマチマした節約はやらない方がもっと大きなところで節約できるだけの気力と労力が余って良い結果が出やすくなる。

そう考えた結果、チマチマした節約は一切やっていないことがストレスなく節約できている一つの要因。

 

 

 

 

まとめ

やり方や工夫も必要だけれど、一番はとにかく気持ち。

マイナスに考えて節約していれば続かないのも楽しくないのも当然。

まずは節約を楽しめるように気持ちを持っていこう。