働き方改革で正社員に起こっている深刻な問題!俺はどうしたら良いの?

スポンサーリンク

嘆いたって始まらないのは知っている。

だけど書かなくちゃやってられん。

同僚は「転職すればどうにかなる」とか甘いことを考えているが、働き方改革が推し進められるこの時代にどこに行こうが大した給料は貰えない。公務員の野郎どもは何も変わらないのにな。

大企業に勤めていても「副業解禁」とかいかにも明るい話題みたいに報じられるけど、あれって結局は会社側が「社員の給料は保証できませんのでバイトでもなんでもして良いですよ」ってことだからね。

ホント、時代の移り変わりに生きる人って大変なんだなと痛感している。

 

 

 

「残業はやめてね、しても良いけど給料は払わないよ」

長時間労働削減のために人員の確保に乗り出そうって言うのが働き方改革の政策の一部。

今まで1人でやっていた仕事を人員を増やして2人、3人でやれば早く終わるから長時間労働を無くすことができる。

う~ん、まさに理想的な考えですね。

 

 

しょせん理想に過ぎないけどね。

現実は今まで通りの仕事量で「残業するなよ」と上司や会社に念を押され定時にタイムカードなり申告をする。

すると今まで付いていた残業代が少なくなっただけで実際の労働時間も変わらずに、お金が減り時間は増えないという過酷な現実が目の前に立ちはだかる。

 

仮に人員が増えて1人でやっていた仕事を2人でやるようになれば定時よりも早い時間で帰らされ給料は減る。

 

 

実際にこういうことが起こっている。

 

 

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp