俺やお前みたいな貧乏人の為のお金のブログ

毎日図書館に引きこもりお金の本ばかりを読み込み、半年で100万貯金を達成した金が全てだと思っている暇男が貧乏が罪なことをひたすらに知らしめる日記。

金を使わない生活4日目!精神に異常はありません!

スポンサーリンク

ここ4日で買ったものと言えば卵1パック157円とチャーハンの素108円、あともやし11袋29円。

こんなもん。

ってのは嘘で、夕食の買い出しで1500円分くらい他に使っている。

まあ、1食あたり375円と比較的好調な滑り出しを見せている金を使わない生活なのだが、やるにあたってどんな気持ちが出てくるのかを書いていくのが今回の記事。

 

 

 

□誘惑は腐る程ある

GWで休みということもあり、道が混雑しているのでなるべく外には出たくない。

そもそも2泊3日の旅行で15万使い込み、これ以上お金を使いたくないということで始めた金を使わない生活。

 

外に出なくても誘惑は腐る程にある。

まず「昼ごはんどうしようか?」という誘惑。

お互いに仕事をしている夫婦なので昼ご飯を作る機会が少ない。

朝ごはんは魚とお新香とお茶漬けくらいで済ますか、もしくは昼ご飯と同じタイミングで食べれば済む。

夕ご飯は毎日作っているのでメニューを考えるのは得意だ。

 

しかし、休日の昼飯って何を食えば良いんだ?

そんなことを考えているうちに「ホカ弁かMドナルドで良いんじゃね?」という考えが過る。これが1つ目の誘惑。

最終的にはチャーハンを食べたから金は使っていない。

 

 

次に、暇に耐え切れずにどこかに出かけたくなるという誘惑だ。

GWだからどこもかしこも混んでいることは分かるが、近くのスーパー銭湯なら空いているかも。ホームセンターくらいなら空いているんじゃないか?

特に用事も無いが、暇が過ぎるとどうしても外に出たくなる誘惑との勝負になる。

これもゲームというもので何とか凌いだ。

 

さらには暇を持て余した若年夫婦は真昼間から酒が飲みたくなる。

熱くはないし天気がそんなに良い訳でもないが、ビールが飲みたい・缶チューハイが飲みたい。

そんな欲求も出てきたがお茶を飲んで我慢し夕方には結局飲んでしまう。

232円の出費。

 

3つの欲求のうち2つには勝てたが、やはりお酒の誘惑には勝てなかった。

お酒は必要な物だから仕方ない。そう考えてしまえばお酒を買って飲むことに罪悪感を覚えることはないことぐらいは知っているが、金を使わない生活をすると言った以上、その誘惑にも勝たないといけない気がしてくるが、結果的には勝てないのだから仕方ない。という気持ちの中で揺れ動いている今現在。

 

 

 

□とりあえずは「金を使わないで生活している」ということにしてある

昼飯に外食すれば2人で1000円くらいはかかっただろうし、外に出かけても1000円は少なくとも使っただろう。

それを防げただけでもこの生活をしようと思っただけの効果はある。

 

 

 

□まとめ

意味の分からない記事になってしまったので、次からはもう少し内容を考えてから書くようにする。