働き方改革の陰に隠れて正社員の待遇を悪くする企業に負けない力を付けよう!

スポンサーリンク

政府の打ち出した「働き方改革」という政策。

1億総労働社会という理想への大きな第一歩となる政策。

成功すれば日本の生産性が大きく向上し、節約志向が改善されデフレスパイラル脱却の糸口となる政策です。

 

誰かの理想から生まれて、今この時も理想に向けて動いている政策ですが、やはり理想と現実はかけ離れたもの。

というか、この働き方改革を良いように解釈した経営者によってますます日本のデフレが止まらなくなる可能性もある。

 

 

 

働き方改革に隠された給料の変化

長時間労働削減も政策の中に入っており、それを実行する為にはとにかく人を増やす。

人を増やせば今まで1人でやっていたことを2人、3人でやるようになり仕事が捗り圧倒的に早く終わる。

仕事が早く終われば会社にいる必要はないので退勤を入力し定時よりも早くに退社。

 

 

 

のはずが、実際には人材の確保が追い付かずに1人でやっていたことを今後も1人でやる

だが、長時間労働を無くせと政府に言われているので社員には「残業はするな」と言い放ち今まで残業してやっていた仕事をサービス残業として給料を払わずにやらせる

そうすることで長時間労働削減に取り組んでいることを示しつつも、人件費も大幅にカットできるので経営者からすれば長時間労働に取り組む優良企業と言う認識を持たれるし経費も削減できて万々歳だ。

 

 

仮にこれが契約社員を増やして1人でやっていたことを正社員と契約社員の2人でやらせたとする。

この場合、非正規雇用と正規雇用の差を埋めろとも政府から言われているため、正社員側の待遇(給料)をどうにか下げようとする企業が多いのが事実。

本来であれば非正規雇用の待遇を良くすることで働く意識を強くしようというのが目的なのだが、正社員の給料を下げて非正規社員の給料を据え置けば格差でやる気が損なわれることがだけなくなる

正社員は生活もあるし肩書もあるから中々辞めることはないから多少待遇を悪くしても問題ない。

 

 

政府の打ち出した政策は確かに国のことを考えた誰かが出したのかもしれない。(まあ、そんな純粋な話ではないけど)

だが、働き方改革という政策により今まで通りに働いていても給料は減る一方で労働時間は変わらない。

少なくなったとしてもさらにその分給料も減り、もはや会社で働いたところで大した金を得ることはできなくなる。

 

 

 

 

会社頼みの生活ではやっていけない時代がすぐそこまでやってきている

終身雇用というまやかしが晴れてから久しいが、今度はさらに新しい波がやってきた。

仕事1つではろくに生活もできなくなる時代会社が社員の給料すらも保証しなくなる時代

実際、大手の企業ですら副業を解禁しているところもあり「うちではそんなに給料出せないから他でバイトでもなんでもしていいよ」と言っている。

 

 

こんな社会で今までの常識に捉われていては確実に破滅への道を辿ることになる。

今から始めても間に合うかどうか分からないが、これから自分がすべきことを考えて動き始めないと手遅れになる。

 

 

 

積立投資・貯金じゃ生温い

働き方改革が始まるまでは積立投資・積立貯金で老後の資金を築き、一生お金に苦労をしないというのが最良の選択肢であった。

しかし、これから移り変わる時代はそんなものでは太刀打ちができない。

そもそも、積立できるほどの給料を会社から保証されていない。

 

 

 

何をすべきか?

新しい時代の中で何が通用するのか?

これを書かなくてはこの記事に意味は無いので、私なりの考えを書く。

 

 

 

〇結婚をして共働き

新しい時代には「結婚」というのが大きな意味を持つと思う。

夫婦別姓だなんだなんてのはお金の観点から見てもどうでも良い。子供がいようが何しようがどうでも良い。

 

とにかく2人で働け。

女は専業主婦を理想とする訳の分からない考えを捨てろ。

男は家事をしなくても良いというバカげた考えを捨てろ。

 

 

つまり、女はもっと働いて男はもっと家事をやれ。

そうすることで収入源が増えて1つ無くなっても損害は半分で済む。政府の「労働力確保」という点に置いてもそれが1つの起爆剤になる。

これが新しい時代に向けた1番の対策だと俺は考えている。

 

 

 

「そもそも結婚できねえよ」とかそういうのは知らん。縁だからどうにもならん。

 

 

 

〇無駄のない生き方を選択する

節約をすれば経済はいつまで経っても上向きにはならない。

関係ないとは言えないから、節約まではいかなくても倹約すればいい。

 

必要な物まで削って生活をすることなく、生活に不要な物を削って賢く生きる

これだけ節約だなんだと騒がれていた時代の後なのだから、国民のほとんどが節約・倹約と言うことに関して多かれ少なかれ考えたことはある。

 

その中で自分にとって何が必要で何が不要かを考えて答えを出すのにそれ程の時間はかからないはず。

 

無駄のない生き方を選択することでこれからの時代も強く生き残っていけると考えている。

 

 

 

〇収入源を増やせ

バイトでも良い。

むしろ今はどんどん最低賃金が上がってきている時代。

「バイトなんか」とバカにしていた時代とは違う。

責任が無いのは事実だが、バイトをすることで正規雇用の長時間労働者でも1か月に5万稼ぐのもそれ程難しくない時代。

プライドなんて持っている時点で昭和を色濃く引きづっている若者が忌み嫌う「老害」と呼ばれる人種と変わりなくなるから、今すぐプライドを捨ててバイトをした方が良い。

「自分の仕事だけで食っていけないのはダメだ」なんて時代ではなく、「自分の仕事だけに頼っているのはダメだ」という時代に移行しているのだから。

 

 

 

まとめ

時代が変わっても資本主義は変わらず。世の中金が全てなのである。

人生楽しむどうこうの前に生きなくては楽しむことはできない。

ならば新しい時代を生き抜く力を、知恵を付けよう。

 

 

 

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp