徹底検証!共働き家庭で男が家事をすることで一体いくらの節約になるの!?

スポンサーリンク

毎月家計簿をつけているので、それを少しだけ有効活用。

男の私が家事をすることで一体いくらの節約になるのか?

 

 

ちなみに我が家の状況としては、子供はナシ、夫婦共働き(男女ともに正社員)と言った感じ。

私が朝の8時から夜7時くらいまで働き、嫁も朝の8時から夜6時まで働いている。子供がいるとしたら少しだけ可哀想な家庭だけど、子供は作らずに生きていこうというのが夫婦2人の取り決めなのでこの先出来なければ作ることはありません。

 

 

家庭状況の説明はこれくらいにし検証スタート。

 

 

 

 

 

□お弁当代


f:id:fcl32090:20180425072302j:image

仕事の日は必ずお弁当を作って出勤する。

自分と嫁の分の2つを私が作る訳で、このお弁当1食の値段は約200円。

内訳としては中身が6個入りの冷凍食品(1袋200円)を6種類、それにプラス昨日の夕飯の余りもの。

お米は実家からもらっているので0円。

 

1食200円の冷凍食品で中身が6個なので1個換算すると33円。これが6個入っているので198円。あとは余りものなので昨日の夕飯代の勘定に入っているのでタダとすると1食当たり200円になるという計算。

これを2つ作るので1日400円。

 

 

 

仮に、このお弁当を毎日作らずにコンビニで済ませたとする。

この時のお弁当代の計算は私が寝坊した時にお弁当を作れず「コンビニで買って」と言った時の額の平均値。

 

私=700円

嫁=550円

 

これで計算すると1食1250円。

 

コンビニ弁当1250円ー自作弁当400円=1日あたり850円の節約になるということ。

出勤に数が20日で毎日850円節約となると1か月17500円。

単純計算ですが、出勤日数が20日以上になることもあるのを加味してもこのくらいが正解かなと。

 

 

1か月でお弁当代が17500円の節約

 

 

 

□お茶代


f:id:fcl32090:20180425072310j:image

暑い日も寒い日も我が家では水出しの麦茶を作っております。

この麦茶の値段、54袋入りで約180円。1袋から1リットル作っているので計算上は約6円で2リットル作れる。

 

我が家では1日2リットルのお茶を2人で平気で飲み干すので6×30で1か月で180円。

前まではおーいお茶2リットルをまとめ買いして飲んでいて、これが6本入りで1箱768円(税込み)

これを1日2リットル飲むとすると1か月3840円。

この時点で3660円の節約。

 

 

さらに、毎日麦茶(たまにコーヒー)を水筒に入れて持っていくのでこれが1日1リットルだとして20日出勤と考えると60円。

これをコンビニで130円のペットボトルを買っていたとすると2人で5200円。

5140円の節約。

 

 

2つ合わせると1か月8800円のお茶代の節約。

 

 

 

□夕食代


f:id:fcl32090:20180425072318j:image

我が家での夕食作りの割合は最近だと嫁が20日、私が10日。

毎日自炊をしています。外食は高くつくし嫌いだから親に誘われない限りは特別な日じゃないといかない。

 

我が家の食費(自炊のみ)の金額は1か月23000円。(予算は30000円)

1食換算すると767円。

 

 

私がご飯を作れないと仮定し女性側だけに作ることを負担させて、月に5回は外食をしたとする。

外食費は1食当たり2000円と考えた場合の1か月の食費は767円×25日=19175円。

プラス外食費2000円×5日で10000円。

19175円+10000円=29175円。

全て自炊の時と比べると差額は6175円。

 

 

夕食代は6175円の節約。

 

 

□男が家事をすることで1か月に節約できる金額

3つの金額を足し算すると1か月32475円の節約。

これを1年で見ると224975円の節約になる。

 

家事するだけで20万以上節約になるんだよ?

他にも家計簿を2人でつけてもいるので無駄遣いを抑えたりしているのでこれだけでなく30万40万の節約になっている可能性だってある。

 

 

 

□おまけ:家事をすることで年収180万アップ

前書いた記事では少し大げさに200万と書いたけど、私が家事をこなすことで嫁の時間が増えてバイトから正社員になった。

バイトの時の年収は120万でしたが、現在では300万とちょっと。

180万の年収アップ。

 

 

つまり、男の家事には節約だけでなく増収も見込めるだけの価値があるということ。

 

関連記事

 

hitoribothi.hatenablog.jp

 

 

 

 

□まとめ

年に20万以上節約できて年収も180万アップ。

まあ、増えた年収をそのまま貯金に回せるかと言うと贅沢したり税金分があったりするので少なくはなるが、今の時代男の家事には女の家事以上に価値があるということ。

 

やるかどうかは自分次第だけど、やらない理由って何?

 

 

 

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp