俺やお前みたいな貧乏人の為のお金のブログ

毎日図書館に引きこもりお金の本ばかりを読み込み、半年で100万貯金を達成した金が全てだと思っている暇男が貧乏が罪なことをひたすらに知らしめる日記。

贅沢品と日用品の区別してないでしょ?だから貯金できないんだよ

スポンサーリンク

酒は贅沢品だが、私からすれば日用品だ。毎日の生活に欠かせないし、むしろ酒を飲むためだけに働いている節がある。

 

今回は贅沢品と日用品について考えてもらう記事。

 

 

 

□そもそも贅沢品とは?

酒なんかは「酒税」が付いているくらいだから贅沢品。タバコも同じ。

高い貴金属も贅沢品で、普通に生活していればなくても困らない。

お菓子なんかも贅沢品だと思っている。

 

基本的に「無くても生活に困らない物」が贅沢品だというのが私の考え。

服だって1シーズンで2着あれば十分で、色あせが酷くなってきたら買い替える程度だから3年位同じ服を着ていることもある。

コンタクトも贅沢品。眼鏡買えばわざわざ毎回買う必要ないし。

 

 

 

 

□人の趣味趣向によって贅沢品は違う

TVゲームが好きな人はゲームを「日用品」だと思っている。ゲームをやらない人からすればゲームなんてのは贅沢品の一部。

1DAYのコンタクトを付けている人はコンタクトが日用品。眼鏡を日常からかけている人からすればコンタクトは贅沢品。

極論言えば酒は毎日飲む人からすれば日用品。飲まない人からすれば贅沢品。まあ、飲んでいる私からしても贅沢品だな~と思うから考え方次第だけど。

 

結局、日用品と贅沢品はその人の趣味とか考え方とかで決まるってこと。

 

 

 

 

□人の収入によっても贅沢品は違う

年収1000万の人と年収300万の人が同じ水準で生活すればどうなる?

 

年収の高い方に合わせれば低い方は貯蓄できない、もしくは借金生活で高い方はそのままの生活。

低い方に合わせれば高い方は貯金が増えて、低い方はそのままの生活。

 

つまり、収入によっても贅沢品は違ってくる。

年収が低いのに高級ワインや生ビールばっかり飲んでいれば金が無くなるのは当たり前。

 

 

 

 

□安売りしているからと言っても贅沢品は贅沢品だよ?

安売りとかセールって言葉は本当に人の弱いところをついてくる。

「安いから買っちゃおう」と普段よりも少しだけ低い額面を見せられるとついつい購買意欲が先に立って何も考え無しに買ってしまう。

それが普段は中々買えないようなちょっとお高い物であったら尚更買いたくなる衝動は抑えられない。

 

 

安くたって贅沢品は贅沢品だよ。

自分の収入と照らし合わせて考えてみて。

 

 

 

 

□周りの人に「何が贅沢品なの?」と聞いてみるのが始め

できるだけ大勢の人に「何か贅沢してる?」とか「贅沢だと思うことは?」って聞いてみて。

色々な価値観が見えてきて「そんな物まで贅沢品なんだ」って新しい発見が必ずあるから。

 

高校生に聞いてみると車で遊びに行くことが贅沢品だと言うし、主婦の人に聞いてみるとディナーをお店で食べることが贅沢だと言う。

ゴルフも贅沢だし釣りも贅沢、旅行もコンビニ弁当もお風呂に入ることさえ贅沢に感じる人だっている。

 

自分より稼ぎの少ない人ばっかりに聞いても偏っちゃうから見境なしに知り合いに聞いてみると良い。

意外と金持ちの方が「えっ、そんなことが贅沢だと思っているの?」ってことを贅沢だと感じているから。

 

 

 

 

□自分の生活を見つめながら何が贅沢かを考える

色々な人の考えを聞いたら今度は自分のことを考えてみる。

「こたつに入りながらテレビ付けてスマホゲームやっていることも贅沢だよな」とか色々なことが思い浮かぶ。

中には必要なこと、物もたくさんあるけどよくよく考えれば必要のない物事はたくさんある。

 

せっかく人に広げてもらった視野が狭くならないうちに考えてみよう。

 

 

 

□「贅沢していないのにお金が貯まらない」は贅沢に気付いていないだけ

そんなに贅沢しているつもりはないのに毎月お金が貯まらない。

そういう人って自覚無しに贅沢している。実家で暮らしていた時は自分のお菓子代にいくら使おうが金は貯まったけど、一人暮らしして前と同じようにお菓子買いまくっていたらそりゃ貯まらんわ。

 

だけど、それも今まで贅沢だとも思っていなかったから意外と自分だけでは気付けないもの。

 

 

 

□まとめ

「我慢のし過ぎはいけない。

だが、無意識の贅沢ってのはもっといけない。

改めて考えてみよう。

 

 

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp