俺やお前みたいな貧乏人の為のお金のブログ

毎日図書館に引きこもりお金の本ばかりを読み込み、半年で100万貯金を達成した金が全てだと思っている暇男が貧乏が罪なことをひたすらに知らしめる日記。

目的のない貯金は危険!?いやいや、そもそも貯まらないから!

スポンサーリンク

 

 

ネットで金のことを調べていると「目的の無い貯金は危険」 みたいなことがたくさん書いてある。

 

 

 

いやいや、よっぽどの高給取りじゃない限り普通に生活していたら「何となく」じゃ貯金なんてできないから。

 

 

 

 

□目的のない貯金が危険な理由

 

 

 

・貯めることが趣味になってしまうから

金なんかいくらあったって困りはしない。

が、金を貯めることに執着してしまい金を使うことを躊躇う。

例えそれが自分に必要なことでも将来何かの役に立つとしても貯金をしたいので金を使うのを渋る。

 

まあ、それも縁ってやつだから別に良いと思うけどね。

 

 

 

・いくら貯まっても「これで大丈夫かな?」

他人の貯金額なんて知りもしません。興味も無いけど。

 

貯金の基準額が分からないままに目的もなく貯金しているから「まだ足りないんじゃないか?」と不安が頭を過る。

 

 

 

 

□何となくで貯まれば誰も苦労しない

「好きなようにお金を使って余った分は貯金したいんだよね」

 

 

 

って、そんな都合よく貯まると思う?

 

 

無理でしょ?

そんな簡単にお金が貯まれば誰も苦労することもなく、借金することも喧嘩することだってなくなる。

金ってのは「貯めよう」としなければ貯まらないよ。

 

 

 

 

□目的も無いのに貯まる訳がない

「何故お金を貯めるのか?」

 

 

これが明確にならない状態で金は貯まらない。

「できれば」と言っている時点でお金を貯める目的すら明確になっていないのだから貯まる訳がない。

人間て言う生き物は目的が無ければ本来の力が出ないどころか、そもそも続きはしない。

 

 

ブログだって目的が明確になっていなければ続きはしない。

「お金を貯めて家族に不自由をさせない」とかそういうハングリー精神でやらない限りは絶対に貯まらないから。

 

 

 

 

□自分の収入と支出把握してないでしょ?

「できれば」と言っている時点で努力はしていないだろうから、自分の収入と支出の把握していないでしょう?

 

自分の収入は給料明細見れば分かるから知っている人も多いとして、その中からどれだけ自分が毎月使っているのかを把握している?

 

「知らなくたって節約すれば金は貯まるよ」と思っている人はもうお金の貯まらない体質。

収入と支出のバランスを把握していない時点で貯金は絶対できないから。

 

「できれば」じゃなくて「絶対」と考えて貯めた方が良いよ。

 

 

 

 

□把握していても衝動買い止められていないよね?

コンビニに行けばついついお菓子を買ってしまう。

スーパーに行けばお菓子を買ってしまう。

ショッピングモールに行けば買う予定も無かった服まで買ってしまう。

美味しそうなお店を見つければ寄る予定も無かったのに入ってしまう。

 

1つ1つは小さな出費だけれど、積み重なれば1万円は軽く超えてしまうし、いつしか自分の収入以上の支出になっていることだってある。

 

「何となく」とか「できれば」お金を貯めたいなんて考えだと、自分がその時に必要としている物以外に目が行って「何となく」買ってしまう。

つまり、お金は貯まらない。

 

 

 

 

□「余った金を・・」って余らないから

毎月確実に貯金している人に「余ったお金を貯蓄に回している」なんていう人はいない。

給料を貰った時点で一部を違う口座に移したり株だの投資信託に少額ずつ回したりして貯金している。

 

この記事を読むくらいだから「貯金が増えない」とか「貯金が減る」とか自分で分かっているはずでしょ?

そんな人が「余った金を貯金」なんて物凄い管理能力の必要な方法は無理です。

 

 

 

□貯める為にはどうするか

じゃあ、どうすればお金が貯められるようになるのか?

 

基本だけ抑えれば、あとは自分次第でどうにでもなる。

 

 

 

 

・まずはお金を貯める目的を明確にする

 何をおいても目的を明確にすること。

「お金はあった方が良いから」とかそんな曖昧なものではダメ。

 

「マイホーム購入の資金にするために500万円貯める」

「マイカー購入の元手にするために100万貯める」

「15万円のバックを買う為に貯める」

具体的に自分のやりたいことと金額を書き出してみて、それに対してどうやって貯金するかはそれから決めれば良い。

 

 

 

・家計の把握→見直し→改善

家計の把握に努めること。

家族の収入がいくらでその中からどれくらい支出していて、どれだけ毎月貯められているのか?

家計簿を細かく品目ごとに書いて自分なりに分析してみて、絶対にその中に無駄なものいらないものがあるからそれを削る。

それでも貯まらない場合は「自分の生活水準よりも高い水準で生活しているんだ」と思い定め、少しだけ生活水準を下げる。

 

 

 

 

・積み立て貯金

1番確実に貯める方法は積み立て貯金。

同じ口座で毎月い1万円残すってのは経験上難しいから、違う銀行に新しく口座を作って毎月自分でいくらと決めて移すこと。

今まで無駄に使ってきて貯まらなかったんだから月に1万円だって貯まれば1年で12万。

10年やれば120万貯まるからね。その間に収入が増えたり臨時収入もあるだろうからもっと増える可能性だって十分にある。

 

最も気を付けるのは積み立てしているお金に手を出してしまうこと。

そもそもが無いお金だと思って生活するのが良い。

どうしてもお金が無いのなら仕方なし「あれが欲しいこれが欲しい」と一時的な欲求で手を出せばそれまでの手間も苦労も時間も無駄になるし、これからも絶対に貯金はできない。

 

 

 

・運用は二の次

 「金が貯まらないなら資産運用」と軽々しく乗ってはいけない。

 確かに資産運用した方が利率の関係でお金は増えやすい。

 

 

貯金もできないような状態で運用して損したらどうする?

そういう奴は生活するのに必死だから大抵取り戻そうとして次から次に突っ込み、最終的には自滅する。

 

資産運用ってのはまずお金の管理能力と知識・固まった考え方が伴ってこそできるものであって、いきなりやって増やそうとするのが甘い考え。

積み立てて貯金して、ある程度余裕ができてから考えるのがタイミング的にはベスト。

 

 

 

まとめ

貯金はあくまで手段。

節約を目的にしてしまっては人生損するかもしれないから、まずは何で貯金したいのかを明確にして、それから貯金する方法を色々と考えれば良い。