結局のところ「お金を貯める気が無い」から貯まらないことにいい加減気付いたら?

スポンサーリンク

財布の中身は知らぬ間に少なくなってるし、ATMで頻繁にお金をおろしているうちに残高も先月より少なくなる。

ボーナスを頼みに貯金しているけど、気前よく会社がボーナスを出してくれても次のボーナスの時期には前の時よりも残高が減っている。

もっと酷けりゃボーナスが支給されない人だっている。

そうなりゃ貯金を切り崩して破綻寸前で返すアテの無い借金を背負って生き続ける始末。

 

 

 

 

 

金の使い方・貯め方ってのは誰にも教えてもらえず、とにかく自分で調べたり考えたりして試行錯誤していかないといけないもの。

「他の人がやっているから」と同じことをやっていても、その人とは収入が違うし貯金も財産の築き方も違う。そもそも、見えないところでは節約しているのかもしれないから「他の人がやっているから」という理由でお金に関して安心感を覚えてはならない。

そういうことすら教えてもらっていないし考えてもいないから毎日汗水たらして働いても金が貯まらずに減ってしまう。

 

こういう人って細かいこと、例えば「水道代を浮かすために水はこまめに出す」とか「電気代を浮かすためにできるだけ電気を付けない」とかしょうもないことで節約した気になって本質的なところを見逃している、もしくは見て見ぬふりをしている。

そんなところで1か月頑張ったって1日2日のビール代くらいにしかならないのにね。

 

 

「お金が貯まらない、減る」ってのは貯めるふりをして自分の心を安心させようとしているだけで、貯まらないのは貯める気が無いから。そういう人って軒並み出費のこと把握してないし。

毎月の出費を家計簿でもなんでもやって把握しておけば「これが無駄だな」とか「今の収入でこれにお金をかけるのは無理があるかな」ってのに簡単に気付けるのに。

酒が好きで毎日飲めるだけ稼げる人もいれば2日に1回しか飲めない人だってもちろんいる。もしくは飲みたくても余裕が無くて自分の金じゃ飲めない人だっている。

そういうのを理解もしないで同じことをしようとするから無理が出て金が減る。

 

 

いつになったらこの負のサイクルに気付くことが出来るのか?

借金を背負うようになったら心の余裕なんて一切なくなるから100%そんなことを考えることなんてできないよ?

通帳の残高が減っていてもまだ少しだけある今の時点で自分の収入に合ってない出費を把握しておけばお金の貯まる体質になるのに。

 

 

まとめ

身の丈に合わない出費をどんな方法でも良いから把握して削るべし。

 

 

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp

hitoribothi.hatenablog.jp